包茎手術をした体験

わたしは、広島県福山市で3週間位前に亀頭直下式の包茎手術を受けました。 手術前の包茎度合いは、軽度の仮性包茎でした。普段は手でむけば、むけて完全に皮が戻る事もありませんでした。 また、臭いも多少はあ…
MENU

包茎治療の注意点

昔から男性器が小さい事が悩みでした

ほうけい治療を福山でやってきました

男性に生まれたからには

性器を見せるっていう事に抵抗が

自信の喪失にもつながりかねません

前より長持ちするようになった

 

前より長持ちするようになった


わたしは、広島県福山市で3週間位前に亀頭直下式の包茎手術を受けました。

手術前の包茎度合いは、軽度の仮性包茎でした。普段は手でむけば、むけて完全に皮が戻る事もありませんでした。

また、臭いも多少はありましたがさほどきつくありませんでした。

では、なぜ広島県福山市で手術を受けようかと思ったかというと、パートナーの女性を子宮頚がんにする可能性があると聞いたからです。

女性の子宮頚ガンというのは、恥垢にウィルスを持つ男性と何度も性交することで発症するそうです。

そして子宮頚がんは早期発見できなければ、子宮全摘出となり、妊娠・出産ができなくなってしまいます。

わたしはそれを知って、パートナーを病気にしないためにも、広島県福山市のクリニックに行き包茎手術を受けたのです。

包茎手術をやってみて術後の形もキレイで自然と仕上がってましたし、料金も決して高くなく手術をすることができて満足しています。

手術を受けてからは、パートナーも匂いが気にならなくなったし、前より長持ちするようになったと喜んでくれています。

わたしの長年のコンプレックスも消えましたし、手術をして本当に良かったです。皆さんの中で悩んでいる人は、ぜひ勇気を出してクリニックに行ってみてください。


copyright(c) 2013 包茎治療をするにあたって知っておきたいこと allrights reserved.